敷金
敷金は返してもらいましょう敷金・保証金で一番問題なのは入居時にお金を預けなければいけないということです。その為、あの手この手を使い返還金を少なくしようと努力し結果的に借主側には、納得できない金額しか残らずトラブルになるのが現状です。

敷金返還

敷金入居時に預けた敷金は、入居者のお金です。返還する金額を一方的に大家さん又は不動産業者が決定するのは、おかしくありませんか?「汚れてたから」「壊れてたから」等の理由で「交換しました」が決まり文句です。補修費用、交換費用は
一般のリフォーム工事より5割高と言われており、作業内容は、同じなのですが、賃貸住宅の原状回復工事となると何故か高額な見積書が完成します。おまけに諸経費までつけてです。
そこでトラブル回避方法としては、退去後に不当請求された場合
自分でできる書類作成、又は敷金返還のお願い書又は内容証明を大家さん又は不動産業者に提出することをお勧めします。理由は本来借主が支払わなければいけない金額がはっきりわかるので貸主側には、この金額を私が支払うだけでいいはずだと主張できるからです。不動産業者や大家さんも、必要外の金額は敷金から返還しなければいけない事をご存知ですし借主とのトラブルは避けたいと考えるからです。

敷金トラブル

●タイプ1:ルールをよく理解し守る大家さん・不動産業者さん
●タイプ2:必要外の金額を差し引き借主が主張すると敷金を返金する大家さん・不動産業者さん
●タイプ3:必要外の金額を差し引き借主が主張すると大家さん・不動産業者さんをたらい回しにする。
●タイプ4:必要外の金額を借主が主張すると開き直る、無視する等、相手にしない大家さん・不動産業者さん 

借主の知識不足をしりつつ、必要外のお金を請求し又は、預けたお金では足りないと言い出し追加請求してくる問題が数多く報告されています 

敷金問題

大家さんにも敷金を預かり義務があり、それ以外にも守るルールはありますが契約書には借主が守るルールばかり書かれているものです。
●敷金は退去後1ヶ月位で返還されます。
●返還請求は退去から5年間はできます。(一度振り込まれても)
●借主に極めて不利(原状回復工事代が高すぎる、大家さん側の支払い事項まで借主が払う)など、契約書・覚書・同意書にサインしたとしても原則無効です。 
●一方的な原状回復請求は拒否できます。その場合、請求の立証義務は大家さんにあります。
●60万円以下の裁判は小額訴訟といい、1日1時間程度で終わり、費用は3〜8千円程です。敷金返してもらう最終手段です。

 
敷引き

敷引きとは入居時に預かった敷金の内、一定額を補修費等にあて退去時に差し引くというものです。関西方面で始まったシステムですが、地方にも広がり大変問題になっている事案です。
●入居時に敷金として家賃の6ヶ月分位を請求する。
敷引きとして裁判所は家賃の2倍〜3、5倍程度が妥当と判断しております。契約はしたけども1日も入居していないような場合は支払う義務はないと考えられます。


新着情報&トピックス
new   1月9日経年劣化更新しました。
new   9月26日敷引き更新しました。
new   8月16日敷金償却更新しました。
new   6ヶ月程度の入居であれば礼金は返してもらえます
new   更新料について最高裁判所が審議を開始しました。
new   東日本大震災・東日本大地震の影響で退去する方が増えています。
new  平成23年 1月 今年は更新料の支払いについて最高裁の判決がでる
new  平成22年11月 欧米と比較して敷金の返還金が大幅に下回ると住宅総研が発表した。