行政書士による内容証明の作成

退去立会い時若しくは退去後、借主の方が不当請求され敷金を返して下さい電話で不動産屋に伝えてもお金を返さないように粘るので借主の方は精神的に疲れるだけでどんどん不動産屋のペースにはまっていきます。これも貸主側の作戦です。契約書に書いてあるから、特約に書いてあるからと述べて支払いを迫ります。

貸主側の言い訳
契約書に書いてあるから払ってもらう ・他の人にも払ってもらっている・この建物ではそうなっている等

ic-6202.pngしかし最高裁判所の判例では契約書に畳や襖の張替え費用を借主負担と記載し、署名捺印しても借主には負担する義務がないとしっかり判断されています。→ 最高裁判所 昭和43年1月25日判決

不動産屋が敷金は返さないと述べ、借主の方が諦めると、
そのお金は全て「 貸主側の利益 」になりますので、注意して下さい。
借主の方が敷金を返して下さいと連絡しても担当がいないので折り返し連絡しますと言われてもいつまでたっても連絡は来ないので精神的に疲れ果ててしまいますが、これも貸主側の作戦ですので内容証明のような正式な文章を出さない限り重い腰をあげないことが多いです。
早めに正式な文章を出して正式な回答(敷金は返す・一部返す)をもらうべきです。不動産屋も電話での回答と違い、文章での回答になると後々争いになった場合不利になるので、法的根拠のない中途半端な内容を文章にすることはできないので早めに敷金を返還してくることが多いです。

※貸主側も敷金を返還しなければいけないことはわかっているので、あとはいつどの段階で返還してくるかだけです。


     セルフコース   おまかせコース




 セルフコース

すぐできる内容証明



8,000円コースは内容証明を行政書士が作成します。
行政書士の名前は文書に入らず、ご自分の名前のみになります。そして郵便局からの提出もご自分で行うというものですが、ご自分で提出するのでとても安価ですみます。提出方法は詳しくお知らせします。

内容証明を出した後にすぐ返してきた場合は全て終わりですが、仮に返してこなかった場合は下記のものを用意しておりますのでご利用下さい。
ファイル一覧の中から進行状況に応じて以下の資料を無料お渡ししますのでご利用下さい。

内容証明を郵便局から出す手順及び用意するもの
  (とても簡単で、わかりやすく説明してます) 
内容証明提出後、貸主側から電話、FAX、メールがきた場合の対応の仕方 
希望額が返還された場合の対応の仕方
  (書類が必要な場合は合意書の雛形) 
貸主側が内容証明を「 受けとらなかった 」場合の手紙の書き方
  (内容証明に書いてある内容を相手に読ませる方法) 
「 回答がこなかった場合 」 の手紙の書き方
  (返答をしてもらう手紙の書き方) 
回答は来たが「 承諾できる内容ではなかった 」場合の手紙の書き方 
 小額訴訟の申請方法及び手順の方法 ( 実際に小額訴訟をした方の
  申請書及び証拠書類1式を参考としてお渡しします) 


内容証明を提出すれば殆どの貸主が敷金を返還してきますが、まれにすぐ返還せずに粘る方がいらっしゃいます。そのような方には上記のケースにあわせて書類を提出して下さい。内容証明を出すことは、大人としてお話し合いで解決しましょうと借主側が歩み寄るもので貸主側もやはり裁判はしたくないのでお話し合いで解決しようと歩み寄ってくることが多いです。よって2、3度手紙でのやりとりになることがあります。

内容証明を作成し貸主側に提出したあと
@内容証明の受け取りを拒否された
A回答が来なかった
B回答は来たが承諾できなかった
@〜Bの理由で次に裁判をするのではなくさらに手紙を提出する方法が良い場合もあります。
裁判は、あくまでも最終手段です。

少額訴訟をお考えの方には下記の書類(自分でできる書類作成)を無料で差し上げます
書類の内容
【 督促 調停 少額訴訟 訴訟 】の違い 
【小額訴訟】とは 
【小額訴訟を申請するまでの手順】及び【勝訴後の手順】 
【少額訴訟の申請書】その@ 
【少額訴訟の申請書】そのA 
【少額訴訟の申請書の書き方 裁判所が作成している記載例】その@ 
【少額訴訟の申請書の書き方 裁判所が作成している記載例】そのA
実際に小額訴訟を申請した方が作成した申請書及びその他に記載した事項】
  ※申請書  ※事情説明書 ※紛争の経緯記載書
実際に調停をした人が申請書及びその他に記載した事項】
 ※調停申立書 ※紛争の経緯書




内容証明提出までの手順

ご利用手順


内容証明の料金


お申し込みはこちらからできます。 





 おまかせコース


行政書士におまかせ下さい



14,800円のコースは内容証明を行政書士が作成し、行政書士の名前が文章に入り、郵便局からの提出も行政書士が行います。作成から提出まで全て行政書士が代行するというものでとても便利です。

内容証明を出した後、すぐお金を返してきた場合は全て終わりですが、仮に返してこなかった場合は下記のものを用意しておりますのでご利用下さい。

ファイル一覧の中から進行状況に応じて以下の資料をサービスでお渡ししますのでご利用下さい。

内容証明提出後、貸主側から電話、FAX、メールがきた場合の対応の仕方 
希望額が返還された場合の対応の仕方
  (書類が必要な場合は合意書の雛形) 
貸主側が内容証明を「 受けとらなかった 」場合の手紙の書き方
  (内容証明に書いてある内容を相手に読ませる方法) 
「 回答がこなかった場合 」 の手紙の書き方
  (返答をしてもらう手紙の書き方) 
回答は来たが「 承諾できる内容ではなかった 」場合の手紙の書き方 
 小額訴訟の申請方法及び手順の方法 ( 実際に小額訴訟をした方の
  申請書及び証拠書類1式を参考としてお渡しします) 



内容証明を提出すれば殆どの貸主が敷金を返還してきますが、まれにすぐ返還せずに粘る方がいらっしゃいます。そのような方には上記のケースにあわせて書類を提出して下さい。内容証明を出すことは、大人としてお話し合いで解決しましょうと借主側が歩み寄るもので貸主側もやはり裁判はしたくないのでお話し合いで解決しようと歩み寄ってくることが多いです。

内容証明を作成し貸主側に提出したあと
@内容証明の受け取りを拒否された
A回答が来なかった
B回答は来たが承諾できなかった
@〜Bの理由で次に裁判をするのではなくさらに手紙を提出する方法が良いです。
すぐに裁判しかないとアドバイスする人には注意して下さい。
裁判は、あくまでも最終手段です。

少額訴訟をお考えの方には下記の書類(自分でできる書類作成)を無料で差し上げます
書類の内容
【 督促 調停 少額訴訟 訴訟 】の違い 
【小額訴訟】とは 
【小額訴訟を申請するまでの手順】及び【勝訴後の手順】 
【少額訴訟の申請書】その@ 
【少額訴訟の申請書】そのA 
【少額訴訟の申請書の書き方 裁判所が作成している記載例】その@ 
【少額訴訟の申請書の書き方 裁判所が作成している記載例】そのA
実際に小額訴訟を申請した方が作成した申請書及びその他に記載した事項】
  ※申請書  ※事情説明書 ※紛争の経緯記載書
実際に調停をした人が申請書及びその他に記載した事項】
 ※調停申立書 ※紛争の経緯書



内容証明提出までの手順

ご利用手順行政書士にお任せ下さい


内容証明の料金


お申し込みはこちらからできます。



退去後、本来支払う必要ないお金を敷金から差し引かれ「不当請求」されている場合、不動産屋さんに
敷金を返して下さい 』と言ってもなかなか返してくれません
その理由として不動産屋さんは、借主が敷金返還を諦めてくれるとそのお金が全て自分たちの収入になるからお金を返さないように粘ります

契約書には、ハウスクリーニング費やエアコン清掃、畳交換を借主負担としており、それに借主は署名・捺印しています。しかし、それは本来借主が負担する必要はなく、もちろん(当然)不動産屋さんもそれを知っています。しかし、敷金を簡単に返してしまうと大家さんからの信用がなくなり、次から仕事をもらえなくなるので、次からも仕事がもらえる為に借主に支払いを請求してきます。その理由は、不動産屋さんは返還金を少なくすればするほど大家さんからほめられるので敷金を返さないよう粘ります。

電話をして敷金を返して下さいと言っても
『契約書に書いてあるから絶対だ』
『担当がやめたからわからない』
『国土交通省ガイドラインンは意味がない』と主張してくるはずなので、いくら言ってもお話が進展しないような場合、内容証明を提出して早期解決させることをお勧めします。
行政書士が内容証明を作成し貸主側に提出しますので、効果は抜群です。又、専門家が関わっているとわかると敷金返還請求するには、どのように進めるか手順も全て知っているので、時間と経費がもったいないという理由で、争ってもしょうがないと考え早めに敷金を返してくる貸主が多いです。


内容証明とは
■「借主が貸主宛てに、いつ、どのような内容の手紙を提出したか」ということを郵便局が証明してくれるものです。
※郵便局が証明してくれること
@ 手紙を提出したこと
A 手紙を出した日付
B 手紙の内容にどのようなことが記載してあるか


内容証明を提出するメリット

■借主の方が退去後、不当請求され支払い義務がないと反論しても不動産屋さんは、支払って下さいとしか言わないはずです。しかし不動産屋さんも最終的に
敷金は、返還しなければいけないことは、わかっています。そのような場合、
行政書士が間に入ることで、不動産屋さんも争って勝てないことがわかっているので早期解決することが多々あります。
■行政書士が作成し、貸主側に内容証明を送るので効果は抜群です。
■少額訴訟をする場合、内容証明が証拠書類として採用されるので威力を発揮します。


入居期間中でも内容証明を送ったほうがいい場合

■結露で壁紙又はジュータン、その他のものにカビが付着している場合
借主の方はお部屋に入居期間中、例えば結露が発生し、壁紙・ジュータンにカビが付着したような場合、すぐに大家さんに報告しなければいけない義務があります。報告をすれば大家さんはカビ付着に対して何らかの対応をしなければいけません。報告したにも関わらず大家さんが何の対応もしなかった場合、張替え費用は貸主負担になります。
しかしこの報告義務を怠りカビがどんどん広がった場合、「善管注意義務違反」で借主負担になります。言った言わない、手紙で出した、受け取っていないというトラブルを回避するためにも、いついつカビが発生したので対応してくださいとする内容証明を提出する方法をお勧めします。
■網入りガラスが自然に割れていた場合
■入居期間中、大家さんともめている場合
退去する場合は1ヶ月前までに退去通知を提出しますが、提出したが大家さんが受け取っていないと言えばさらに家賃を支払わなければいけなくなるようなことも考えられます。言った言わない、手紙で出した、受け取っていないというトラブルを回避するためにも、いついつ退去すると内容証明で提出する方法をお勧めします。
■その他