サポート料金(低料金システムの手数料です)



敷金返ってくるか不安です危険な契約書敷金鑑定士

書類作成

自分でできる書類作成
 


        

              作成方法はこちら  
 

元々、完成している「文書を多少内容をアレンジして完成」することもできます。
   (退去前・退去立会い・退去後 全て使えます。)

退去立会い時に不動産屋に支払って下さいと言われたらこういう理由で
   払う必要がないとるす退去立会いマニュアルがあります。



自分でできる書類作成の使い方


退去前に書類を提出することができます

退去前に敷金は「適正な精算方法」でお願いしますという書類を提出します。
暴利的な請求はしないで下さいねと
退去前に貸主側に送る。

私は(借主)敷金精算問題について詳しいので必要外のお金を敷金から差し引かないで下さいねと相手に伝えるものです。
※不動産屋さんも知識のある借主には、暴利的な請求をしないことが多いです。

書類の提出は退去前に必ず貸主側に提出しなければいけないというものではなく、退去立会いの際から使用してもよいです。
ご自分のペースに合わせてお使い下さい。



退去立会い日の回答集があります

退去立会い時は支払い義務がないものについては「支払い義務がない」としっかり伝えて下さい。 退去立会いマニュアルをご使用下さい。
退去立会いに備えての「精神的なアドバイス」、「どのように進めればよいか」を記載し、契約書に署名・捺印しているので支払って下さいと迫られた場合に「支払い義務はない」、「一部しか支払い義務がない」と述べる質問回答集(こう言われたらこういって下さいとする反論書)が記載されています。退去立会いの際に使用する場合は、必要な部分をプリントアウト若しくは書き写して業者さんの前でこの部分は私に負担義務がない若しくは一部負担で十分ですとプリントを見ながら反論してください。決して全て暗記しようと考えないで下さい。立会い時は緊張して言いたいことが100%言えないものです。棒読みでもいいですから相手にしっかり伝えて下さい。

ハウスクリーニング代を請求された場合に支払義務がないと反論する方法
退去立会いのサインを迫られた場合にサインしなくてもすむようにする方法があります


退去後に不当請求されたので書類を提出する

退去後に「不当請求」された場合は、敷金を返して下さいとする書類を貸主側に提出して下さいね。必要以外のものは、支払い義務がないとする書類を作成し貸主側に送って下さい。
退去後に不動産屋さんから下記のように不当請求されてお話が進展しない場合は、次は、書類を提出して下さい。
@借主が支払うべきものでないものまで支払って下さいと請求してきた。
Aキズをつけたり汚したが国土交通省のガイドラインに準じて計算されていない場合
業者が請求してきた内容について、この部分のこれについては、支払う義務はないとする手紙の書き方が記載されています。



お申し込みはこちらからできます。
行政書士の書類作成(全国対応)




行政書士が作成と書かれていますが今現在は全て司法書士が作成しております

 

行政書士の敷金返還のお願い書  行政書士 
行政書士の内容証明作成


※「敷金返還のお願い書」と「内容証明」のどちらかを提出することで足りますので、
  両方を申し込む必要は、ありません。

行政書士が作成と書かれていますが今現在は全て司法書士が作成しております


お申し込みはこちらからできます。




 
退去立会いを現場で「がっちり」サポート



関 東 地 方

退去立会い 東京都  退去立会い 埼玉県

退去立会い 神奈川県 退去立会い 千葉県

退去立会い 栃木県 退去立会い 群馬県



近 畿 地 方

退去立会い 大阪府 退去立会い 京都府


九州・沖縄地方

退去立会い 福岡県


立会い手順

お申し込み→お部屋をチェック→お部屋の写真を撮影→お部屋内を拝見し原状回復費を計算します。

退去立会い 


お申し込みはこちらからできます。